空気管理

新型インフルエンザなどの新興病原体は空気感染のリスクを伴います!

空気感染対策はPPE(個人防護用具)の正しい使用と空調システム(EC:Engineering Control)から実施します。又、SARSや新型インフルエンザ、鳥インフルエンザなどのエマージングウィルスなど感染・発症するとしに至る危険のある処置時には空気感染のリスクがあることを前提としたPPEとEC対策をとるべきである。

医療用レスピレーター

医療用レスピレーター

マスク・レスピレーターには大きく2つの目的があります。
1)着用者の呼気中に含まれる微粒子(病原性微生物)を外に出さぬよう遮断し、患者を守ること。
2)飛沫する病原性微生物から着用者を守ること。
また、N95のように顔面への密着度を高め、かつ高いろ過能力を有して外部からの空気汚染を遮断することに特化したマスクをレスピレーターと呼びます。

製品一覧へ
空気感染隔離

空気感染隔離

空気感染隔離室(AIIR)とは従来の陰圧隔離室に相当し、空気感染性疾患が疑われるか確定した患者を隔離するために用いられる患者ケア用の個室である。AIIRでは室内の陰圧、時間換気回数(既存の場合は6ACH、新築・改築の場合は12ACH)、部屋から屋外への直接の排出、または循環に戻す前にHEPAフィルターを通した空気の再循環が提供されなければならない。

製品一覧へ
空気管理 洗浄・消毒システム 教育 手洗い 針刺し防止 リネンシステム PPE個人防護具

※ボタンをクリックすると、各感染対策の詳細情報をご覧いただけます。