モルデックスN95 4200シリーズ エアウェーブ

モルデックスN95 4200シリーズ エアウェーブ

空気感染予防用N95レスピレーター
■NIOSH N95規格承認
■従来品の2倍の表面積による

製品の特徴

■ 蛇腹状のマスクの表面積は従来品の2倍(当社比)。

■ 表面積が2倍になったことにより、これまでN95の問題点であった呼吸の苦しさが劇的に楽になりました。排気バルブ付きN95以上の快適さです(当社比)。

■ 蛇腹状の形状により、顔を動かしたり、喋ったりしてもマスクがフレキシブルに伸縮して顔面にフィットしてずれません。

■ 一体成形加工のノーズブリッジはソフトフォームノーズクッションにより装着時の心地良いフィット感が得られます。また、金属製のノーズバンドを一切使用しておりません。

■ MOLDEX社のN95マスクは、MOLDEX社独自のDura-MeshR素材のシェルにより、汚染された手とフィルター部分との直接的な接触を防ぎます。またシェルは高温多湿の中でも型くずれに強く高い耐久性を確保します。その結果、レスピレータの使用量及びコスト削減へとつながります。

■ カラーコードが可能なストラップは天然ゴム不使用のため、ラテックスアレルギーの方にもお薦め致します。

■お使いのマスクは、本当にあなたを守っていますか?


モレーンが提案するマスクは、全てASTM F2100(米国材料試験協会)に適合しています。 また、PFR95レスピレーターは、CDCが結核予防用レスピレーターとして規定し、SARS対策用として推奨するN95規格(NIOSH 42 CFR 84規格)に適合し、 それぞれの防御性能は実証されています。

■マスクとレスピレーターの違い


着用者の呼気中に含まれる微生物等から患者を守ることを主目的にしたサージカルマスクに対し、レスピレーターは、 高度の捕集効率と顔面への密着度を重視して設計され、着用者の呼吸器感染リスクを軽減することを目的としています。

■N95 4200シリーズ装着手順


1. マスク本体を正面にしてストラップを手の下に垂れ下げながら鼻当て部分を指で支えマスクを持ちます。

2. あご部分から鼻当て部にマスクを当てます。マスク内側の鼻当てパットがきちんとフィットするようにして下さい。
上の方のストラップを頭に掛けて下さい。次に下の方のストラップを引っ張りながら、頭の上から通し耳の下の首回りに掛けて下さい。 ストラップ一本だけで装着しないよう気を付けて下さい。

3. ストラップの位置を、しっかりフィットするように調整して下さい。

4. 感染区域に入る場合、毎回フィットチェックを行ってください。両手でマスクを覆い、強く吸い込んでください。
マスク内側の陰圧が感じられるはずです。もしマスクから空気漏れがある場合、ストラップを横から後ろへ引っ張るか、マスクの位置を直してください。 確実にフィットするまで調整するか、或いは安全管理者から指示をもらう様にしてください。不十分なフィットのままで汚染区域に入ると病気感染、或いは死亡に至る事があります。

  エアウェーブ(Mサイズ) 当社従来品N95
吸気抵抗値 15 Pa 41.6 Pa
排気抵抗値 15Pa 41.6 Pa

製品の仕様

・梱包:10個/箱、 8箱/ケース
・PVC(ポリ塩化ビニル)フリー
・ラテックス・フリー
・米国NIOSH微粒子マスク規格(42CFR84)N95規格認可製品
モルデックスN95 4200シリーズ エアウェーブ
装着画像

N95 4200シリーズ装着手順

感染対策情報サイトMICKS
ページの一番上へ