中心静脈カテーテル由来血流感染の日和見病原体としてのRhizobium radiobacter:症例報告および文献レビュー

2008.03.28

Rhizobium radiobacter as an opportunistic pathogen in central venous catheter-associated bloodstream infection: case report and review


C.-Y. Chen*, K.S. Hansen, L.K. Hansen
*Legacy Good Samaritan and Emanuel Hospitals and Northwest Marrow Transplant Program, Oregon, USA
Journal of Hospital Infection (2008) 68, 203-207
リゾビウム・ラディオバクター(Rhizobium radiobacter)は、土壌中に存在するまれな日和見病原体(平素無害病原体)であり、とくに易感染性患者の血管内留置器材に関連する。この論文では、自己造血幹細胞移植のための貯血に際して R. radiobacter 菌血症を発症した多発性骨髄腫の症例について報告する。後向き研究の結果、化学療法および自己幹細胞貯血用のためのアクセスとして中心静脈カテーテルを留置した後に土壌への曝露があったことが判明した。本稿は土壌への曝露によってカテーテルへ細菌が定着したと考えられる R. radiobacter 菌血症症例の初の報告である。さらに、R. radiobacter によるカテーテル由来感染に対する予防および治療の推奨策を明らかにするために文献をレビューした。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
中心静脈カテーテル挿入患者は土いじりをしないように指導しましょう。

同カテゴリの記事

2017.05.31

Legionellosis acquired through a dental unit: a case study

2008.06.30

A simple and effective approach for the treatment of chronic wound infections caused by multiple antibiotic resistant Escherichia coli

2010.02.28

Surgical hand preparation: state-of-the-art

2011.11.30

Trends in sources of meticillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) bacteraemia: data from the national mandatory surveillance of MRSA bacteraemia in England, 2006-2009

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ