肝胆膵癌手術後の血糖コントロール不良により手術部位感染が増加する:手術件数の多い日本の医療施設における前向き研究★

2008.03.28

Poor postoperative blood glucose control increases surgical site infections after surgery for hepato-biliary-pancreatic cancer: a prospective study in a high-volume institute in Japan


S. Ambiru*, A. Kato, F. Kimura, H. Shimizu, H. Yoshidome, M. Otsuka, M. Miyazaki
*Chiba University Hospital, Japan
Journal of Hospital Infection (2008) 68, 230-233
肝胆膵領域手術の待機患者連続265例の手術部位感染(SSI)について前向きに観察した。手術部位感染率は肝胆膵手術の種類により異なっていた。多変量解析により、腸管吻合術、術後の血糖コントロール不良、および癌の種類が独立した危険因子であると判定された。手術部位感染率は、術後期間中に発現した高血糖の程度と直接的な相関があった。特に、インスリン注入療法により血糖値が200 mg/dL未満に維持されていた患者の手術部位感染率は5/25(20%)であり、インスリン注入療法を行っているにもかかわらず血糖値が200 mg/dL未満に維持されていなかった患者の感染率 49/94(52%)より有意に良好であった(P<0.01)。手術部位感染率を低下させるためには、術後の血糖値を200 mg/dL未満に維持する必要がある。
サマリー 原文(英語)はこちら
監訳者コメント:
SSI 予防の観点からも周術期における血糖値コントロールは極めて重要である。

同カテゴリの記事

2011.12.31

MRSA surveillance in a UK district hospital: measuring clinical isolates with MRSA is more useful than measuring MRSA bacteraemias

2017.06.29

Stenotrophomonas maltophilia healthcare-associated infections: identification of two main pathogenic genetic backgrounds

2006.09.30

Preventing nosocomial infections: improving compliance with standard precautions in an Indonesian teaching hospital

2021.04.30

Whole-genome sequencing analysis reveals the spread of a vanB-carrying transposon among different vancomycin-resistant Enterococcus faecium clinical isolates in a non-endemic setting

 

R.H.T. Nijhuis*, M.A. Chlebowicz-Fliss, A.E. Smilde, J.W.A. Rossen, A.J.L. Weersink, A.C.M. Gigengack-Baars

*Meander Medical Centre, The Netherlands

 

Journal of Hospital Infection (2021) 110, 52-59

 

 

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ