エタノール製剤による術前手指擦式消毒:欧州統一規格 EN 12791 の基準を満たす濃度および使用時間

2011.03.03

Ethanol in pre-surgical hand rubs: concentration and duration of application for achieving European Norm EN 12791


M. Suchomel*, M. Rotter
*Medical University Vienna, Austria
Journal of Hospital Infection (2011) 77, 263-266
欧州では、エタノールは擦式製剤の一般的な有効成分であり、米国疾病対策センター(CDC)や世界保健機関(WHO)が最近公表した手指衛生ガイドラインでも推奨されている。しかし、欧州統一規格である EN 12791 の有効性試験の基準を達成するための濃度範囲および使用時間については十分なデータがない。そこで、清潔な手指に容積濃度 95%、85%、または 75%の純エタノールを 3 分間擦り込んだときの殺菌効果を、EN 12791 の標準手法である 60%(v/v)n-プロパノールを 3 分間使用した場合と、消毒直後および消毒から 3 時間後に比較した。85%エタノールについては、5 分間の使用でも検討した。ボランティア 20 名をラテン方格法により無作為に割り付けた。消毒直後の細菌数減少の平均値は、標準手法(log 減少係数[RF]3.27)と比較して 75%エタノール(log RF 1.68)および 95%エタノール(log RF 2.70)で有意に低かったのに対して、85%エタノールを 3 分間(log RF 2.90)および 5 分間(log RF 3.12)使用した場合の殺菌効果はいずれも有意に低いということはなかった。消毒から 3 時間後の細菌数減少については、手袋を装着した手指で 75%エタノールを使用した場合のみが標準手法よりも有意に効果が低かった。結論として、擦式エタノール製剤は > 75%(v/v)かつ < 95%(v/v)のエタノール濃度で 3 分間以上使用した場合に、EN 12791 の基準に合致する可能性が高い。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
n-プロパノールを基準とぜすに消毒用エタノールで対応できないかを検定した論文である。

同カテゴリの記事

2020.09.30

No increase in compliance before aseptic procedures in German hospitals. A longitudinal study with data from the national surveillance system over four years
T.S. Kramer*, K. Bunte, C. Schröder, M. Behnke, J. Clausmeyer, C. Reichardt, P. Gastmeier, J. Walter
*Charité-Universitätsmedizin Berlin, Germany
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 71-75

2009.10.30

Evaluation of add-on devices for the prevention of phlebitis and other complications associated with the use of peripheral catheters in hospitalized adults: a randomised controlled study

2018.07.31

The first multi-centre point-prevalence survey in four Japanese university hospitals

2021.06.30

Application of the appropriate molecular biology-based method significantly increases the sensitivity of group B streptococcus detection results

 

T. Bogiel*, D. Depka, P. Zalas-Więcek, M. Rzepka, E. Kruszyńska, E. Gospodarek-Komkowska

*Nicolaus Copernicus University in Toruń, Poland

 

Journal of Hospital Infection (2021) 112, 21-26

 

 

2016.06.23

Acceptability of temporary suspension of visiting during norovirus outbreaks: investigating patient, visitor and public opinion

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ