ベンチマークとするにはほど遠い:手術部位感染の全国サーベイランスの結果★

2013.02.28

A benchmark too far: findings from a national survey of surgical site infection surveillance


J. Tanner*, W. Padley, M. Kiernan, D. Leaper, P. Norrie, R. Baggott
*De Montfort University, UK
Journal of Hospital Infection (2013) 83, 87-91
背景
イングランドの手術部位感染(SSI)の全国サーベイランスサービスでは SSI 発生率を整理・公表し、ベンチマーキングおよび SSI 有病率の算出に供している。しかし、質の高い SSI サーベイランス法を用いた調査研究による報告では、SSI発生率は全国サーベイランスサービスの公表よりもはるかに高い。このばらつきは、全国サービスで収集されたデータの妥当性に疑問を呈するものである。
目的
イングランドの病院トラストで用いられている SSI の定義およびデータ収集方法を監査すること。
方法
イングランドの 156 のすべての病院トラストに対して、SSI の定義およびデータ収集方法に関する質問票を送付した。
結果
106 の病院トラストから記入済み質問票を回収した。データ収集方法およびデータの質には大きな相違があり、報告された SSI 率にばらつきをもたらしていた。例えば、膝関節置換術での SSI 発生率は、質の高い退院後サーベイランスを行っていたトラストでは 4.1%、質の低い退院後サーベイランスを行っていたトラストでは 1.5%であった。全国サーベイランスのプロトコールと定義に反して、トラストの 10%は表層感染症のデータを提出しておらず、15%は推奨されている SSI の定義を使用しておらず、8%は入院患者のデータのみを使用していた。30 のトラストは、自院のデータの完全なセットを全国サーベイランスサービスに提出していなかった。提出されていないデータは、非義務的データ、退院後サーベイランスデータ、および継続的サーベイランスデータなどであった。
結論
全国サーベイランスサービスは SSI 発生率を過小評価しており、ベンチマーキングには適切でない。質の高い SSI サーベイランスを実施している病院では、現行のサーベイランスサービスの枠内では自院に不利なデータが出ることになると考えられる。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
本論文では、病院へのアンケートにより英国の SSI サーベイランスの信頼性を確認している。今回の解析では、より実態を反映するサーベイランスのためには post discharge surveillance(PDS)と呼ばれる退院後サーベイランスデータのさらなる活用が重要であることが強調されていた。公衆衛生分野では、サーベイランスの評価をする時の指標に以下の 7 つがある。すなわち simplicity、flexibility、acceptability、sensitivity、predictive value positive、representativeness、timeliness である。この項目に沿って結果を読んでみると、自施設のサーベイランスを再確認するチャンスにもなると思われる。

同カテゴリの記事

2016.02.28

Reduction in Staphylococcus aureus bacteraemia rates in patients receiving haemodialysis following alteration of skin antisepsis procedures

2017.01.31

Bacillus species pseudo-outbreak: construction works and collateral damage

2021.02.28

Electrostatic wipes as simple and reliable methods for influenza virus airborne detection

S. Marty-Quinternet*, L. Puget, A. Debernardi, R. Aubry, N. Magy-Bertrand, J.L. Prétet, C. Chirouze, K. Bouiller, Q. Lepiller
*Laboratoire de Virologie, France

Journal of Hospital Infection (2021) 108, 15-18

2011.02.28

Nursing home residence is the main risk factor for increased mortality in healthcare-associated pneumonia

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ