心臓の大手術後のルーチンの声門下分泌物吸引:人工呼吸器関連肺炎の発生率への影響

2013.12.31

Routine aspiration of subglottic secretions after major heart surgery: impact on the incidence of ventilator-associated pneumonia


M.J. Pérez Granda*, J.M. Barrio, J. Hortal, P. Muñoz, C. Rincón, E. Bouza
*Hospital General Universitario Gregorio Marañón, Spain
Journal of Hospital Infection (2013) 85, 312-315
48 時間以上の人工呼吸を必要とする患者に対しては、声門下分泌物吸引が推奨される。心臓の大手術後の全患者に対するルーチンの声門下分泌物吸引の導入の影響を評価するため、声門下分泌物吸引実施前後の人工呼吸器関連肺炎(VAP)発生率、人工呼吸器使用日数、および抗菌薬コストを比較した。介入前と介入後の結果は、いずれも 1,000 日あたりで VAP 発生率 23.92 対 16.46(P = 0.04)、抗菌薬コスト 71,384 ユーロ対 63,446 ユーロ(P = 0.002)、および人工呼吸器使用日数 507.5 日対 377.5 日(P = 0.009)であった。心臓の大手術を施行した全患者に対して、麻酔導入時点からルーチンの声門下分泌物吸引を実施すべきである。
サマリー原文(英語)はこちら

同カテゴリの記事

2007.03.31

Hexon denaturation of human adenoviruses by different groups of biocides

2018.04.29

Risk factors for hospital norovirus outbreaks: impact of vomiting, genotype, and multi-occupancy rooms

2012.12.30

Early onset prosthetic hip and knee joint infection: treatment and outcomes in Victoria, Australia

2016.01.31

Outbreak of extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli transmitted through breast milk sharing in a neonatal intensive care unit

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ