血液培養の汚染率

2015.10.30

Blood culture contamination rates


Susan Dawson*
*Great Western Hospital, UK
Journal of Hospital Infection (2015) 91, 109-110
No abstract.
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
本論文は JHI に掲載された血液培養の汚染率を低下させるための取り組みに関する Park WB らの論文についてのコメンタリー(論評)である。Park らは内科研修医がローテーションを始める前に血液培養に関するオリエンテーションを行うことによって、血液培養の汚染率が低下したことを報告した。血液培養に限らず、院内感染対策における教育の重要性を再確認できる研究および論評である。

同カテゴリの記事

2006.10.31

Alcohol-based hand rub: influence of healthcare workers’ knowledge and perception on declared use

2017.04.30

Evaluation of fixed and variable hospital costs due to Clostridium difficile infection: institutional incentives and directions for future research

2020.04.28

Prevalence, incidence, and risk factors of urinary tract infection among immobile inpatients in China: a prospective, multi-centre study

2006.02.28

Effectiveness of protocols for preventing occupational exposure to blood and body fluids in Dutch hospitals

2013.02.28

Rapid quantification of viable fungi in hospital environments: analysis of air and surface samples using solid-phase cytometry

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ