抗菌薬耐性 ―国家的(および国際的)リスクの高まり

2016.01.31

Antimicrobial resistance — a ‘rising tide’ of national (and international) risk


J. Cole*
*Royal United Services Institute for Defence and Security Studies, UK
Journal of Hospital Infection (2016) 92, 3-4
No Abstract.
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
グローバルな視点に立って耐性菌の課題を突きつけている提言である。テロも怖いが耐性菌も深刻な問題であると指摘している。生命予後ならびに経済的損失についても推計値をもとに解説している。

同カテゴリの記事

2012.12.30

Multidrug-resistant bacteria in travellers hospitalized abroad: prevalence, characteristics, and influence on clinical outcome

2015.10.30

Blood culture contamination rates

2007.06.30

Impact of a five-year surveillance of central venous catheter infections in the REACAT intensive care unit network in France

2006.11.30

The sensitivity of approved Ninhydrin and Biuret tests in the assessment of protein contamination on surgical steel as an aid to prevent iatrogenic prion transmission

2015.05.31

Ebola virus disease in Africa: epidemiology and nosocomial transmission

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ