2020/21 年までのイングランドにおける大腸菌(Escherichia coli)菌血症の発生率および 30 日全死因死亡率を推定する

2018.03.31

Estimating the incidence and 30-day all-cause mortality rate of Escherichia coli bacteraemia in England by 2020/21


A. Bhattacharya*, O. Nsonwu, A.P. Johnson, R. Hope
*Public Health England, UK
Journal of Hospital Infection (2018) 98, 228-231
大腸菌(Escherichia coli)菌血症の発生率は、イングランドで上昇しつつある。2012/13 年から 2016/17 年の大腸菌菌血症を対象とした全国義務的サーベイランスのデータを用いて、我々は、感染率を低減する新しい介入法がない中で、2020/21 年までの大腸菌菌血症の発生率と 30 日全死因症例致死率を推定することを目的とした。年齢、性別、ならびに院内発症型か市中発症型かについて補正した後、2020/21 年までに大腸菌菌血症の発生率は人口(N = 50,663)100,000 人あたり 90.5(95%予測区間[PI]89.8 ~ 91.3)、関連する症例致死率は人口(N = 6,554)100,000 人あたり 11.5(95%PI 11.2 ~ 11.8)になると推定される。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
英国における大腸菌菌血症はかなり問題視されているようである。実態把握に努めているが、増加の原因とその対策についての知見が今後の課題である。

同カテゴリの記事

2022.05.16
Tolerability and acceptability of three alcohol-based hand-rub gel formulations: a randomized crossover study

A.Peters*, C. Cave, J. Carry, J. Sauser, D. Pittet
*University of Geneva Hospitals and Faculty of Medicine, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2022) 123, 112-118


2022.02.28

Antimicrobial use and antimicrobial resistance in Enterobacterales and Enterococcus faecium: a time series analysis

F.O’Riordan*, F. Shiely, S. Byrne, D. O’Brien, A. Ronayne, A. Fleming

*Mercy University Hospital, Ireland

 

Journal of Hospital Infection (2022) 120, 57-64

 
2017.05.31

Landmark prediction of nosocomial infection risk to disentangle short- and long-stay patients

2019.05.10

Effects of a disinfection device on colonization of sink drains and patients during a prolonged outbreak of multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa in an intensive care unit

2007.11.30

Impact of enhanced infection control procedures on clinical outcome following resuscitation attempts

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ