退院後における OXA-48 カルバペネマーゼ遺伝子を有するプラスミドの腸管内持続★

2019.02.22

Intestinal persistence of a plasmid harbouring the OXA-48 carbapenemase gene after hospital discharge


F. Lázaro-Perona* , J.C. Ramos, A. Sotillo, J. Mingorance, J. García-Rodríguez, G. Ruiz-Carrascoso, J.R. Paño-Pardo, J.R. Arribas b, R. Herruzo, F. Arnalich
* Hospital Universitario La Paz, Spain
Journal of Hospital Infection (2019) 101, 175-178
退院後における OXA-48産生肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)の腸管保菌について検討するため、保菌歴のある被験者 22 例から便サンプルを採取した。退院後の期間は 33 日から 611 日で、再入院はなかった。8 例(36%)が blaOXA-48 遺伝子の保有者と同定された。これら全例において、病院で獲得された OXA-48 産生肺炎桿菌株は消失しており、blaOXA-48 遺伝子を有していたのは他の肺炎桿菌、クレブシエラ・オキシトカ(Klebsiella oxytoca)および/または大腸菌(Escherichia coli)株であった。本研究の所見から、抗菌薬療法を受けていない人のかなりの割合で、腸管内において OXA-48 カルバペネマーゼ遺伝子を有するプラスミドの存在が数か月間にわたり持続することが示された。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
薬剤耐性腸内細菌科細菌の保菌期間に関しては様々な研究がある。本研究の興味深いところは、耐性菌は菌株としては消失していたものの、耐性遺伝子としては他の菌株に受け継がれて保存されていたという点である。ただしこれらの結果が臨床的にどのような意味があるかは今後の検討が必要である。

同カテゴリの記事

2008.02.28

Infections due to Escherichia coli producing extended-spectrum β-lactamase among hospitalised patients: factors influencing mortality

2013.09.30

Comparison of treatment outcomes with vancomycin alone versus combination therapy in severe Clostridium difficile infection

2021.07.31
Fit-testing of respiratory protective equipment in the UK during the initial response to the COVID-19 pandemic

S. Green*, A. Gani, M. Bailey, O. Brown, C.B. Hing
*St George’s University, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 113, 180-186


2011.09.30

Is closure of entire wards necessary to control norovirus outbreaks in hospital? Comparing the effectiveness of two infection control strategies

2006.10.31

Using an efficient biofilm detaching agent: an essential step for the improvement of endoscope reprocessing protocols

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ