救急部における抗菌薬処方に経験的治療の指針が及ぼす影響

2020.02.29

Impact of an empiric therapy guide on antibiotic prescribing in the emergency department


K.M. Galanter*, J. Ho
*San Leandro Hospital, USA
Journal of Hospital Infection (2020) 104, 188-192
今回の準実験研究では、救急部における経験的治療の指針の実施前後の各 3 か月間、適切な抗菌薬処方について比較した。米国感染症学会(Infectious Diseases Society of America;IDSA)ガイドラインに基づく全体的な抗菌薬処方の適切性は、経験的治療の指針の実施後には20.5%有意に増加した(P < 0.001)。市中感染肺炎および蜂窩織炎の処方は、それぞれ33.1%(P < 0.001)、35.5%(P = 0.002)改善した。広域スペクトル抗菌薬の使用率は13.6%減少した(P < 0.001)。介入後、処方者の 90.5%が、IDSA ガイドラインに基づく適切な処方を少なくとも 75%達成した(P < 0.001)。経験的治療の指針の実施後、適切な抗菌薬処方および広域スペクトル抗菌薬の使用率は有意に改善した。
サマリー原文(英語)はこちら
監訳者コメント
短報であるが、救急外来における抗菌薬治療ガイドの具体的な内容が記載されているので参考にされると良いだろう。

同カテゴリの記事

2010.12.31

Prevalence of healthcare-associated infection in Scottish intensive care units

2010.03.31

Prevention of nosocomial transmission of swine-origin pandemic influenza virus A/H1N1 by infection control bundle

2018.01.31

Flocked nylon swabs versus RODAC plates for detection of multidrug-resistant organisms on environmental surfaces in intensive care units

2013.11.30

Bloodstream infections in patients with kidney disease: risk factors for poor outcome and mortality

2016.11.30

Optimizing antibiotic usage in hospitals: a qualitative study of the perspectives of hospital managers

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ