ペニシリンアレルギー表示の削除が WHO による抗菌薬の AWaRe 分類に及ぼす影響:後向きコホート研究

2021.09.30

The impact of penicillin allergy de-labelling on the WHO AWaRe antibiotic categories: a retrospective cohort study

N. Powell*, R. West, J.A.T. Sandoe
*Royal Cornwall Hospitals NHS Trust, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 115, 10-16


背景

WHO の AWaRe 分類では、抗菌薬を適正に使用するために、「Access」「Watch」「Reserve」という3 つのグループに分類している。Access グループには、他の 2 つのグループの抗菌薬よりも耐性の可能性が低い抗菌薬が含まれる。英国における 5 年間の抗菌薬耐性(AMR)対策では、非 Access グループの抗菌薬の使用の削減目標が設定されている。ペニシリン系薬の大部分は Access グループに属するため、ペニシリンアレルギーの記録がある患者は、非 Access グループの抗菌薬が処方される可能性が高い。本研究の目的は、ペニシリンアレルギーの記録が、非 Access グループの抗菌薬処方に及ぼす影響を定量化するとともに、ペニシリンアレルギー表示の削除により、非 Access グループの抗菌薬使用が削減される可能性を推定することである。

 

方法

英国の 750 床の地域総合病院において 2018 年 4 月 1 日から 2019 年 3 月 31 日に抗菌薬を処方された入院患者を対象とした。変数は、年齢、性別、併存疾患、感染症の治療、抗菌薬使用量、入院期間、ペニシリンアレルギーの状況とした。患者特性と、Access グループおよび非 Access グループの抗菌薬処方との関連を検討するために、多変量ロジスティック回帰分析を用いた。

 

結果

入院患者 23,356 例における抗菌薬処方 67,059 件について分析した。入院患者の 14.3%でペニシリンアレルギーの記録があった。ペニシリンアレルギーの記録がある患者では、非 Access グループ(すなわち、Reserve グループ、Watch グループ)の抗菌薬を処方される割合が約 4 倍高かった(オッズ比 4.7)。ペニシリンアレルギーの記録がある入院患者の 50%の表示を削除することで、非 Access グループの抗菌薬使用量を 5.8%、抗菌薬の総使用量を 0.86%削減できると推定される。

 

結論

ペニシリンアレルギーの記録は、非 Access グループの抗菌薬処方と関連する。ペニシリンアレルギーの記録の削除により、非 Access グループの抗菌薬使用量が減る可能性がある。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

監訳者コメント

コメント無し

同カテゴリの記事

2010.05.30

Assessment of peripheral arterial catheters as a source of sepsis in the critically ill: a narrative review

2017.07.31

Chlorhexidine gluconate or polyhexamethylene biguanide disc dressing to reduce the incidence of central-line-associated bloodstream infection: a feasibility randomized controlled trial (the CLABSI trial)

2013.12.31

Multicentred surgical site infection surveillance using partitioning analysis

2017.03.31

Causes of needlestick injuries in three healthcare settings: analysis of accident notifications registered six months after the implementation of EU Directive 2010/32/EU in Germany

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ