腎移植レシピエントにおける IMP-1 産生カルバペネム耐性緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)アウトブレイクの重要な点と可能性のある落とし穴:症例対照研究

2021.09.30

Critical points and potential pitfalls of outbreak of IMP-1-producing carbapenem-resistant Pseudomonas aeruginosa among kidney transplant recipients: a case-control study

M.P. Freire*, C.H. Camargo, A.Y. Yamada, F.O. Nagamori, J.O. Reusing Junior, F. Spadão, A.P. Cury, F. Rossi, W.C. Nahas, E. David-Neto, L.C. Pierrotti
*University of São Paulo School of Medicine Hospital das Clínicas, Brazil

Journal of Hospital Infection (2021) 115, 83-92


背景

腎移植後のカルバペネム耐性緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)感染症は、高い死亡率と関連する。

 

目的

腎移植病棟における IMP-1 産生カルバペネム耐性緑膿菌による感染/保菌のアウトブレイク 1 件について分析を行うこと。

 

方法

症例対照研究を実施した。症例の特定は、カルバペネマーゼに対するルーチンのサーベイランス培養およびリアルタイムPCR を、直腸スワブを対象に直接実施した。対照者は、同期間に同じ病棟に入院していた患者から、3:1 の比率で無作為に選択した。分離株のクローン性はパルスフィールド・ゲル電気泳動(PFGE)により分析し、分離株のさらなる特性を明らかにするために全ゲノムシークエンシング(WGS)を実施した。

 

結果

カルバペネム耐性緑膿菌が患者 37 例で同定され、51.4%はサーベイランス培養により、また 49.6%(原文のまま記載。48.6%の誤記載と思われる)は臨床培養により同定された。培養陽性の持続期間中央値は 42.5 日であった。患者 13 例(35.1%)で感染症計 15 件が認められ、このうち 7 件(46.7%)は尿路感染症であった。これらの患者の 30 日死亡率は46.2%であった。PFGE 分析では、すべての分離株に同じ pulsotype が共通に認められた。複数部位塩基配列タイピング(MLST)分析により、配列型は ST446 と同定された。カルバペネム耐性緑膿菌獲得のリスク因子は、入院期間 10 日超、再移植、腎移植後の泌尿器科外科的再介入、過去 3 か月間におけるカルバペネムまたはシプロフロキサシンの使用、ならびに過去 3 か月間におけるリンパ球数中央値低値であった。

 

結論

腎移植レシピエントは、長期にわたりカルバペネム耐性緑膿菌を保菌した状態にあり、院内アウトブレイクの感染源となり得る。さらに、こうした患者では感染症を発症する割合が高い。アウトブレイク時には、腎移植レシピエントに対するスクリーニングプロトコールに尿培養を追加すべきである。

 

サマリー原文(英語)はこちら

 

監訳者コメント

腎移植患者のカルバペネム耐性緑膿菌保菌に関する研究で、アウトブレイクを起こしている間は、尿培養のスクリーニングを行うべきだとのこと。妥当な結論ではないか。

 

同カテゴリの記事

2020.09.30

Selection of resistance by antimicrobial coatings in the healthcare setting
F. Pietsch*, A.J. O’Neill, A. Ivask, H. Jenssen, J. Inkinen, A. Kahru, M. Ahonen, F. Schreiber
*Federal Institute for Materials Research and Testing, Germany
Journal of Hospital Infection (2020) 106, 115-125

2019.04.15

The method used to dry washed hands affects the number and type of transient and residential bacteria remaining on the skin

2015.08.31

Effects of vapocoolant spray on skin sterility prior to intravenous cannulation

JHIサマリー日本語版サイトについて
JHIサマリー日本語版監訳者プロフィール
日本環境感染学会関連用語英和対照表

サイト内検索

レーティング

アーカイブ