Rediroomがどのように患者の流れを改善し、HCAIのリスクを低減するのか- 英国GAMA Healthcare R&D からのブログ

2021 .06 .16

Rediroomがどのように患者の流れを改善し、HCAIのリスクを低減するのか

英国GAMA Healthcare R&D からのブログ
2021年5月7日投稿の記事
研究/RESEARCH



最新の記事では、RediroomがIPCチームやベッドマネージャーの選択肢を増やし、患者を最適に配置することで、HCAIのリスクを低減し、患者の流れを改善する方法について説明しています。



Rediroomは、個室と多床室の中間的な存在として設計されています。個室の利点(プライバシーの確保、騒音の低減、病原菌の抑制)と多床室の利点(患者の視認性、人員配置のコスト削減)の多くを備えています。[1], [2]



瞬時に移動可能な患者隔離ソリューション

英国のほとんどの病院や世界中の病院では、個室が不足しています。そのため、感染症の拡大を防ぐために十分な隔離スペースを確保するための代替手段が必要とされています。Rediroomは、独自にデザインされたコンパクトで移動可能な折りたたみ式のPPEカートを使用して、5分以内に多床室のベッドスペースを1つの一時的な隔離室に変えることができます。



Rediroomは柔軟な患者隔離を可能にし、病院は変化する臨床と患者の優先順位のバランスを取る際に迅速に対応することができます。Rediroomは、飛沫予防策と接触予防策を提供するように設計されており、既存の硬い壁の常設隔離室を他の優先患者のために解放することができます。



HCAIのリスクを低減し、患者の流れを改善するための最適な入院施設

Rediroomは、接触・飛沫予防策(MRSA、インフルエンザ、SARS-CoV-2、C. difficileなど)のために設計されており、空気感染による隔離が必要な病原体(麻疹、肺結核など)の封じ込めには適していません。したがって、Rediroomはすべての患者に対応できるわけではありません。



適用場面

Rediroomは、HCAIのリスクを低減し、患者の流れを改善するために、以下のような状況で適用できます。

  • 多床室での感染症患者:最も感染力の強い患者に個室が優先されるため、他の感染症患者は多床室で治療を受けることになる。
  • プライバシーと尊厳:患者はさらなるプライバシーと尊厳を必要としているが、個室は感染の可能性が高い患者で優先されることが多い。
  • 他の病棟への移動が強要される場合:専門病棟で個室が使用されている場合、患者は他の病棟の個室に移されるが、そこでは同じ水準の専門的ケアを受けられない可能性がある。
  • 観察と隔離部屋:観察かつ隔離が必要な患者には難しい選択が迫られます。個室では一対一の看護が必要ですが、多床室でケアを行うと感染のリスクが高まります。


※Rediroom

ハンズフリーで入ることができ、HEPAエアフィルター付きのシングルルームに拡張することができるモバイルカートは、病院に隔離能力と柔軟性をもたらし、患者の流れを改善します。



オーストラリアの研究

オーストラリアの研究では、クロスオーバー介入研究の中で、ビデオ録画、インタビュー、客観的な温度と湿度の測定を含む混合手法を用いて、Rediroomの様々な機能的特性を評価し、Rediroomは病棟で患者ケアを行うのと同様の機能的パフォーマンスを持つと結論付けています。[1]



本研究では、臨床病棟のシミュレーション環境でRediroomを評価しました。参加者は,患者の移動,投薬,観察結果の測定,無菌技術の実行,患者のベッドバス,心肺蘇生など,さまざまな臨床看護活動をRediroomまたはコントロールで行いました.Rediroomとコントロールの機能性を評価するために,部屋の中でのスタッフの動きをネットワーク分析し,インタビューとアンケートによるスタッフのフィードバックを行いました。



また、温度と湿度は、Rediroomとコントロールで測定しました。臨床看護活動に要した時間と動作回数は、Rediroomとコントロールでほぼ同様でした。個人の動きが最も多い2つの活動をネットワーク分析したところ、Rediroomとコントロールの動きのパターンには密接な類似性が見られました。スタッフへのインタビューから繰り返し出てきたテーマは、制限感、温度、重症患者の管理でした。



しかし、ここで重要なのは、Rediroomを別の一室と比較したのではなく病棟と比較したことです。隔離された部屋と比較した場合、制限感や温度のテーマはあまり顕著ではないと思われます。コントロールと比較して、Rediroomでは0.5℃程度のわずかな温度上昇が見られました。



さらなる研究

別の研究では、Rediroomの感染予防と制御の特性、潜在的な利点を検討しました。[2]Rediroom を模擬臨床環境に設置し、IPC の観点から、規格またはガイドラインに照らして、組立・解体時の機能、および蛍光マーカーの除去によって判断される清掃性が評価されました。



Rediroomは、関連する19のガイドラインまたは基準のうち17に完全に準拠しており、残りの2つには部分的に準拠していることがわかりました。部分的に準拠していると評価された2つのガイドラインは、個人用防護具の保管と使用、および追加のストレージ容量の提供でした。もうひとつの制限は、Rediroom内に手指衛生用のシンクがないことでしたが、アルコールジェルはRediroomの内外に設置されていました。Rediroomの組み立てと解体のレビューでは、感染制御のリスクが限定的であることが確認されました。



5分足らずで設置完了

印象的だったのは、Rediroomの設置が5分もかからなかったことです。最後に、洗浄評価では、UV蛍光マーカーはマーキングされた24面のうち23面(96%)で完全に除去され、もう1面では部分的に除去されました。この洗浄評価は臨床現場では行われませんでしたが、原理的にはRediroomが洗浄の障害にはならないことを示しています。



まとめ

患者を隔離する、個室を増やすことで、HCAIに関連する病原体の拡散を防ぐことができます。Rediroomは、個室と多床室の利点を最大限に生かした中間的なシステムです。Rediroomの機能的および論理的な評価により,HCAIのリスク低減を実現化することの可能性が示されました。



本記事内での参考論文
[1] Mitchell BG, Williams A, Wong Z. Assessing the functionality of temporary isolation rooms. Am J Infect Control 2017; 45: 1231-7. [2] Mitchell BG, Williams A, Wong Z, O’Connor J. Assessing a temporary isolation room from an infection control perspective: A discussion paper. Infection, Disease & Health 2017; 22: 129-35.