薬剤耐性(AMR)が人類の健康にとって大きな脅威となる理由- 英国GAMA Healthcare R&D からのブログ

2022 .04 .06

薬剤耐性(AMR)が人類の健康にとって大きな脅威となる理由

英国GAMA Healthcare R&D からのブログ
2022年2月28日の記事
研究/RESEARCH



今回の記事は、Lancet誌に掲載された薬剤耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)の影響に関する最新のグローバルレポートの要約です。死亡者数から入院患者数まで様々な要因を評価し、世界の持続可能な目標(SDGs)にも直接影響します。このレポートは、病院における効率的な感染予防と制御に重点を置き、ビル&メリンダ・ゲイツ財団*、ウェルカム・トラスト*、英国保健省が共同で作成したものです。

*ビル&メリンダ・ゲイツ財団:マイクロソフト元会長のビル・ゲイツと妻メリンダによって2000年に創設された世界最大の慈善基金団体
*ウェルカム・トラスト:イギリスに本拠地を持つ医学研究支援等を目的とする公益信託団体



はじめに

本研究 は、細菌性AMRの懸念について、広範な病原体および病原体と薬剤の組み合わせを調査し、反事実的なシナリオに対して一貫した方法を用いて、世界で初めて包括的な推計を行ったものです。AMRに起因、関連する死亡について、一貫した手法を用いています。



AMRとは?簡単な概要と説明

薬剤耐性は、細菌、ウイルス、真菌、寄生虫が時間の経過とともに進化し、薬の効果を低下させ、感染症を治療しにくくし、病気のリスクを高めることで発生します。細菌の薬剤耐性(AMR)は、世界的かつ発展における脅威であり、ウイルス、細菌、真菌による感染症の多様化に伴い、その治療が危ぶまれています。薬剤耐性は自然の生物学的メカニズムですが、感染管理の不備、医薬品の誤用、国際貿易、旅行などさまざまな要因によって急激に増加する可能性があります。



グローバルレポートからの知見は?

今回のレポートは、この種のレポートとしては最も包括的なものであり、黄色ブドウ球菌、薬剤耐性結核菌、アシネトバクターなどを含む23の病原体について、細菌のAMRに伴う死亡者数と障害調整生存年数*(DALY:Disability-Adjusted Life-Years)を推定しようとしたものです。また、2019年に204の国と地域で行われた88の病原体と薬剤の組み合わせのサーベイランスも含まれています。これらの情報は、系統的な文献レビュー、病院システム、サーベイランスシステムを通じて取得されたものです。その他のデータ構成は、感染に関連する死亡数、ある感染症に起因する感染死亡数、ある病原体に起因する感染症死亡数、対象の抗生物質に対する病原体の耐性率と耐性に関連する死亡または感染期間の超過リスクです。

*障害調整生存年数: 障害の程度や障害を有する期間を加味することによって調整した生存年数のこと



重要な知見は、以下のようにまとめられます。

  • 死亡者数:2019年の細菌性AMRに関連する死亡者数は推定495万人でしたが、AMRに直接起因する死亡者数(主要な病原体)は92万9000人になります。
  • 医療経済学:具体的なコストは記載されていませんが、地域レベルでは、微生物耐性に起因する死亡率が最も高いのは西サハラ以南のアフリカで10万人あたり27.3人、最も低いのはオーストラリアで10万人あたり6.5人であることが実証されています。これは、地域資源に基づいて、病原体の感染に関連した死亡の可能性が4倍高いことを示しています。高所得国(HICs)と低所得国(LICs)の間の財政的、教育的格差が、より高い感染率に寄与していることが明らかになりました。
  • 2019年の病原体別細菌性AMRに起因・関連する世界死亡者数(数)では、AMR感染による世界死亡者数への寄与が最も高いのは大腸菌と黄色ブドウ球菌であることが強調されました。


AMRの世界的な懸念に関するこの包括的な評価は、現在の医療行為とグローバルヘルス構想に対するAMRの世界的な脅威の高まりにスポットライトを当てています。AMRが世界における主要な死因の一つであり、リソースの乏しい地域において最も大きな負担となっていることを示しています。このデータは、地域ごとの政策、新しい予防接種、抗生物質、特に感染予防と制御プログラムの必要性を訴えています。



未来の保証のために

微生物の持続的な進化を含むグローバルヘルスに対するAMRの影響の範囲を考慮する必要があります。この増大する世界的な脅威に対する解決策として、特定のテーマと成功要因が特定されています。



  • IPC Infection Prevention and Control:感染予防対策は、抗菌薬の必要性を減らすことにより、ヒトの薬剤耐性感染症に直接大きな影響を与えます。環境汚染の除去、手指衛生などの基本的なIPCの介入は、治療、ワクチン、その他の診断方法と比較すると費用対効果が高いです。予防はおまじないよりも優れており、特に何も対策ができない場合(つまり、抗生物質の使用が制限される場合)には効果的です。
  • 抗生物質の使用:抗生物質が適切に使用され、それが広まることで、不適切な使用によるコストを削減できます。
  • 予防接種:抗生物質の使用量を削減するため、長期的な予防策として、ワクチン接種を行い、ヒトと動物の両方における感染と伝播を防ぐことができます。
  • 監査とサーベイランス:WHOのGlobal Antimicrobial resistance surveillance system (GLASS) の国別実施に関するガイダンスなどの支援ツールを使用しましょう。AMRの全体的な広がりと、地理的に異なる場所での経時的な発展を知ることができます。


概要

感染予防と管理(IPC)は、安全性とケアの質に焦点を当てたユニークな分野です。今回のレポートが教えてくれたことは、薬剤耐性病原体の蔓延に対する管理戦略を含め、これまで以上に予防策を優先しなければならないということです。AMRはここ数年、技術的な問題から政治的な問題へと急速に変化しており、医療や動物における抗生物質の誤用、特に監視の行き届かない地域での誤用に対して、世界的に取り組む必要性に拍車をかけています。また、それらの地域は、資源の乏しい地域であることが多いのです。




Michael Sanni
Clinical Specialist – Surface, GAMA Healthcare