MASD啓発DAYとは?どうしてそれが重要であるか?- 英国GAMA Healthcare R&D からのブログ

2022 .04 .27

MASD啓発DAYとは?どうしてそれが重要であるか?

英国GAMA Healthcare R&D からのブログ
2022年3月17日の記事
研究/RESEARCH



水分関連皮膚損傷(Moisture Associated Skin Damage :MASD) 啓発Dayサポートの一環で、GAMA社の皮膚担当クリニカルスペシャリストであるGeorgina Saviolakiが、最もよく認められるMASD症状のひとつ、「失禁関連皮膚炎(Incontinence Associated Dermatitis:IAD)」に関する理解すべき背景について紹介します。



本日(2022年3月17日)は、「水分関連皮膚損傷(MASD)啓発デー」初開催日です。水分関連疾患における患者ケアの改善と皮膚障害の予防のために、地域や国による推進活動が行われています1,2)



MASDとは?

MASDは、尿、便、汗、唾液、ストーマからの腸液、創傷からの滲出液などの刺激物にヒトの皮膚が過剰にさらされることによって起こる皮膚疾患です3)。MASDの影響を受ける患者グループには、複雑な健康上のニーズがある、可動性が低下している、複数の合併症を有する、またはがん治療を受けている人々が含まれます 4)



刺激物にさらされると、皮膚の完全な状態が損なわれ、バリア機能が低下し、皮膚の透過性が高くなり、ダメージを受けやすくなります 5)。MASDの世界的な有病率は正確には報告されておらず、臨床現場や地域によって大きなばらつきがあります 6,7,8)MASDに罹患した患者は、痛み、熱感やそう痒、不快感や臭いを感じ、QOLに影響を与えます 5,6)。 また、損傷皮膚が浸食されると真菌や細菌により2次感染が起こることもあります 4)



MASDは次のような状態・疾患の総称:

  • 失禁関連皮膚炎(IAD):尿や便と皮膚との接触による皮膚障害
  • 間擦疹性の皮膚炎:風通しの悪い趾間(足の指と指の間、指の付け根部分)に、汗が入り込むことによる皮膚障害
  • 創傷周囲の水分関連皮膚炎:過剰な創傷滲出液による皮膚の浸軟および損傷
  • ストーマ周囲の水分関連皮膚炎:皮膚とストーマ分泌物との相互的干渉による皮膚障害 3,9)

IADは、一貫した報告がないためにその発生率や有病率は報告により様々ですが、最も認識されているMASDの一形態であり、その結果、グローバルIADエキスパートパネルがベストプラクティスの原則を発表しています 10)





IADとは?どのように診断されるのか?

IADは、尿や便が皮膚に付着することによって起こる皮膚障害のことです。IADのパラメータは以下の通りです 3,10):
要因:尿失禁や便失禁
症状:痛み、灼熱感、瘙痒感、ヒリヒリ感
場所:会陰部、生殖器周囲、ストーマ周囲、臀部、殿溝、大腿上部内側/後部、腰部
外観/境界:びまん性の感染領域で、境界がはっきりしない/発疹の場合あり
深度:紅斑を伴うが皮膚損傷のないきれいな皮膚
その他:表在性の二次感染を起こすことがある



IADのステージ

IADの各ステージは次の通りです 10):



健康な状態



―発赤、皮膚損傷のないきれいな皮膚
―IADの徴候なし



軽度



―赤みを帯びるも皮膚損傷はない
―紅斑を認める、+/- 浮腫



中等度〜重度



―皮膚損傷を伴う発赤
―紅斑を認める、+/- 浮腫
―+/- 小水疱、皮膚びらん
―+/- 皮膚剥離
―+/- 皮膚感染症



IADの予防

IADと皮膚感染症や褥瘡などの他の皮膚疾患との関連性を示唆するエビデンスがあります 11,12)。IADエキスパートパネルは、予防戦略や無傷の皮膚が重要であることにフォーカスを当てた、総体的あるいは統合的なアプローチの採用が不可欠としています 13)。 リスクのある患者の早期発見は、介護者と患者の両方に対するトレーニングや教育と同じように重要です 1,10)



グローバルIADエキスパートによるエビデンスは、IADの効果的な予防のための2つの重要な介入について示唆しています 10)



1. 失禁の管理

  • 皮膚と尿や便との接触をなくすための徹底した評価と原因の特定


2. 体系的なスキンケア管理体制

  • 尿や便を除去し皮膚を清潔にする
    洗浄剤はpHが中性である必要があります。更なる摩擦を防ぐためには、すすぎなし、が好ましく、表面張力を低下させ、皮膚に対し最小限の力で汚物や壊死組織片を取り除くことができる界面活性剤の添加が推奨されます。アルカリ性石鹸は、肌のpHを変化させ、肌のバリア機能を壊してしまうことから、石鹸と水の使用は好ましくありません。皮膚用の洗浄剤は、IAD治癒の可能性を約50%高めます 14)


  • 尿や便、摩擦にさらされないように、または影響が最小限になるように皮膚を保護すること
    皮膚保護剤は、皮膚と水分や尿・便などの刺激物との間にバリアーを形成するものです。IADがある場合、皮膚保護剤は皮膚バリアを回復し、水分補給と表皮を介して水分が損失しないように維持します。


  • 肌の健康を回復する
    「肌の健康を回復する」とは、洗い流さない製品*(保湿剤)を使用して皮膚バリア機能をサポートおよび維持するための追加のステップです。これは乾燥を防ぎ、肌の健康全般を守ります。介護施設において、1日2回の皮膚保湿剤塗布により、皮膚の裂傷の発生が50%減少したことを示すエビデンスがあります 15)
    *洗い流さない(leave-on)製品:皮膚、髪、爪などに一定時間接触することを目的とした製品


Georgina Saviolaki
皮膚担当クリニカルスペシャリスト



引用:
1) Tyrer J. MINIMISE Moisture™: a local quality improvement initiative raising awareness of moisture-associated skin damage. Wounds UK 2021;17(1): 42-48
2) NHS Improvement. Pressure Ulcers: revised definition and measurement. https://www.england.nhs.uk/pressure-ulcers-revised-definition-and-measurement-framework/. Accessed March 11, 2022
3) Fletcher J, Beeckman D, Boyles A et al. International Best Practice Recommendations: Prevention and management of moisture-associated skin damage (MASD). London: Wounds International 2020. Available online at www.woundsinternational.com. Accessed on March 11, 2022
4) Gray M, Bliss DZ, McNichol L. Moisture-Associated Skin Damage: A Historic Step Forward. J Wound Ostomy Continence Nurs. 2021;48(6):581-583. doi:10.1097/WON.0000000000000827
5) Woo KY, Beeckman D, Chakravarthy D. Management of Moisture-Associated Skin Damage: A Scoping Review. Adv Skin Wound Care. 2017;30(11):494-501. doi:10.1097/01.ASW.0000525627.54569.da
6) Gray M, Black JM, Baharestani MM, et al. Moisture-associated skin damage: overview and pathophysiology. J Wound Ostomy Continence Nurs. 2011;38(3):233-241. doi:10.1097/WON.0b013e318215f798
7) Kottner J, Blume-Peytavi U, Lohrmann C. Associations between individual characteristics and incontinence-associated dermatitis: a secondary data analysis of a multi-centre prevalence study. Int J Nurs Stud. 2014;51(10):1373-1380. doi:10.1016/j.ijnurstu.2014.02.012
8) Beeckman D. A decade of research on Incontinence-Associated Dermatitis (IAD): Evidence, knowledge gaps and next steps. J Tissue Viability. 2017;26(1):47-56. doi:10.1016/j.jtv.2016.02.004
9) Yates, A. Incontinence-associated dermatitis 1: risk factors for skin damage. Nursing Times. https://www.nursingtimes.net/clinical-archive/tissue-viability/incontinence-associated-dermatitis-1-risk-factors-for-skin-damage-02-03-2020/ Published March 2, 2020. Accessed March 11, 2022.
10) Beeckman D, Campbell J, Campbell K, et al. Proceedings of the Global IAD Expert Panel. Incontinence associated dermatitis: moving prevention forward. https://www.woundsinternational.com/resources/details/incontinence-associated-dermatitis-moving-prevention-forward Published Febuary 13, 2015. Accessed on March 11, 2022
11) Jones JE, Robinson J, Barr W, Carlisle C. Impact of exudate and odour from chronic venous leg ulceration. Nurs Stand. 2008;22(45):. doi:10.7748/ns2008.07.22.45.53.c6592
12) Beeckman D, Van Lancker A, Van Hecke A, Verhaeghe S. A systematic review and meta-analysis of incontinence-associated dermatitis, incontinence, and moisture as risk factors for pressure ulcer development. Res Nurs Health. 2014;37(3):204-218. doi:10.1002/nur.21593
13) Beeckman D, Campbell K, Le Blanc K et al. Best practice recommendations for holistic strategies to promote and maintain skin integrity. https://www.woundsinternational.com/resources/details/best-practice-recommendations-holistic-strategies-promote-and-maintain-skin-integrity Published February 28, 2020. Accessed March 11, 2022
14) Glass GF Jr, Goh CCK, Cheong RQ. Effectiveness of skin cleanser and protectant regimen on incontinence-associated dermatitis outcomes in acute care patients: A cluster randomised trial. Int Wound J. 2021;18(6):862-873. doi:10.1111/iwj.13588
15) Carville K, Leslie G, Osseiran-Moisson R. The effectiveness of a twice-daily skin-moisturising regimen for reducing the incidence of skin tears. Int Wound J. 2014;11(4):446-453. Doi:10.1111/iwj.12326