WHO手指衛生セルフアセスメントフレームワーク世界調査結果- 英国GAMA Healthcare R&D からのブログ

2022 .06 .01

WHO手指衛生セルフアセスメントフレームワーク世界調査結果

英国GAMA Healthcare R&D からのブログ
2022年5月22日の記事
研究/RESEARCH



今回の記事では、WHOの手指衛生自己評価フレームワーク(HHSAF:Hand Hygiene Self-Assessment Framework)世界調査のポイントについて、皮膚担当クリニカルスペシャリストのGeorgina Saviolakiが要約してご紹介します。



2022年5月5日の「世界手指衛生デー」の今年のテーマは、 手をきれいにすることで、安全や品質に関する施設の風土や文化に何を付加できるかを認識することに重点を置いていますが、 品質や安全に関する強い文化があれば、正しいタイミングで、正しい製品を使って手をきれいにすることが推奨されるということでもあります。 WHOの多角的手指衛生改善戦略の策定から10年、最大規模の「手指衛生自己評価フレームワーク(HHSAF)世界調査の要点をまとめました。



手指衛生と医療関連感染

手指衛生は、手を清潔にし、医療関連感染(HAI:Healthcare Associated Infection)につながる可能性のある病原体を除去するプロセスです。 HAIは、医療サービスの質、患者さんの安全、医療費に影響を与える可能性があります。 ヨーロッパでは、毎年最大で260万人のHAIが発生し、91,000人以上が死亡しています[1] 。 手指衛生の遵守は、HAIの感染を減らすための最も有効な対策と考えられており、各種文献においても強調されています[2,3]。 世界的に、手指衛生は患者の安全性と医療サービスの質の重要なパフォーマンス指標の一つです[4]



調査概要

世界保健機関(WHO)加盟90カ国から3,206の医療施設を対象に、手指衛生実施の枠組みに基づいて世界的な状況を分析しました。



世界的な調査から得られた知見

このグローバル調査では、HHSAFのフレームワークを用いて、世界の手指衛生プログラムの特徴、実施状況、進捗を評価しました。 HHSAFの採点範囲は、5つの分野での最高合計得点が500点です。 スコアが高いほど手指衛生のレベルが高く、不十分(0~125)、基礎(126~250)、中級(251~375)、上級(376~500)のいずれかとなります。 WHO加盟国の46%が参加し、フレームワークの5つのコア領域について評価を受け、以下の結果を得ました。



1.システムの変更

HHSAFの加重平均スコアは、低所得国(LIC)の45点に比べ、高所得国(HIC)は100点であり、より高いことが確認されました。主な格差は、アルコールベースの手指消毒剤の入手可能性と衛生用品の調達予算で観察されました。



2.研修・教育

HHSAFスコアの中央値40のLICに対し、HICは85と高スコアでした。研修の頻度予算配分に差が見られました。



3.評価とフィードバック

HIC と LIC の間で不一致が認められ、加重平均スコアはそれぞれ 75 と 34 でした。 手指衛生の遵守状況は、約半数の医療施設で60%と評価・報告されていますが、LICの医療機関の17.5%は遵守状況をモニタリングしていないと報告されています。



4.職場における注意喚起

LIC は HIC よりもスコアが低く、加重平均スコアはそれぞれ 50 と 75 でした。 50%以上の医療機関が、病棟に手指衛生の表示、手指の擦り込み、手洗いの方法に関するポスターを掲示していると回答しています。



5.施設内の安全環境

5 つの領域で最も低いスコアとなり、中央値で HIC は 65、LIC は 50 となりました。HIC70%、LIC16.5%が手指衛生の施設内目標を設定していました。



全体のHHSAFのスコアは350点で、LIC諸国は152~303点(基礎レベル)、HICは315~440点(上級レベル)と、中間的なスコアを反映しています。 結果は、国の所得レベルおよび資金調達構造(民間または公的)に直接関連していました。 総合スコアが最も高かったのは「システムの変化」、最も低かったのは「施設内の安全環境」でした。 今回の結果を2015年に得られた結果と比較したところ、グラフに描かれているように手指衛生の改善は見られませんでした。 これは、参加医療機関の手指衛生レベルが高度であったためと考えられます。






まとめ

本研究では、パンデミック時に感染予防と管理の重要性が強化された世界規模での手指衛生レベルを推進させる要因と障壁が明らかになりました。 推進させる要因には国の所得水準と医療施設の資金調達構造が含まれ、効果的な手指衛生の障壁にはトレーニング方法、指導方法、組織的サポートが含まれました。 すべての領域で、LICと公的医療施設のスコアが低く、国を超えて適切なレベルの手指衛生の実施を達成するためには、予算、資源利用性、指導方法の支援など、複数の要因を考慮する必要があります。

効果的な手指衛生の実践を採用することは、感染症の蔓延を防ぐのに役立つため、非常に重要です。 これは、効果的な手洗い、抗菌性手拭い、アルコールベースの手指消毒剤(ABHR: Alcohol-based Hand Rub)の使用によって達成することができます。

この記事をSNSで共有し、手指衛生の重要性を広めることにご協力ください。
Happy #HandHygieneDay!



引用
[1] Cassini A, Plachouras D, Eckmanns T, et al. Burden of six healthcare-associated infections on European population health: estimating incidence-based disability-adjusted life years through a population prevalence-based modelling study. PLoS Med 2016; 13: e1002150.
[2] Pittet D, Hugonnet S, Harbarth S, et al. Effectiveness of a hospital wide programme to improve compliance with hand hygiene. Infection Control Programme. Lancet 2000; 356: 1307–12.
[3] Allegranzi B, Gayet-Ageron A, Damani N, et al. Global implementation of WHO’s multimodal strategy for improvement of hand hygiene: a quasi-experimental study. Lancet Infect Dis 2013; 13: 843–51.
[4] WHO. Guidelines on core components of infection prevention and control programmes at the national and acute health care facility level. Geneva: World Health Organization; 2016. https://www.who.int/infection-prevention/tools/core-components/en/. Published November 1, 2016. Accessed April 26, 2022.




Georgina Saviolaki
Clinical Specialist for Skin, GAMA Healthcare