グローブナビ


解説

グローブには大きく2つの目的があります。

  1. 接触や飛沫、針刺し事故による汚染から着用者を守ること。
  2. 汚染されたグローブを患者ごとに交換し、手洗いをすることにより汚染された手指を介しての交差感染から患者を守ること。

H5N1 (新型インフルエンザ・鳥インフルエンザ)などハイリスクな症例の処置の場合、2重にグローブを装着して対応します。

通常の処置~血液・体液の曝露が予想される処置(未滅菌)

採血や注射薬混注、陰部洗浄、創周囲の洗浄、手術器具・器械の洗浄と消毒の場合、また、 便・尿器、採尿バッグの取り扱いや、環境整備、汚染リネンの交換時などに使用

感染制御・院内感染対策のモレーンコーポレーション